全国銘酒 たる松
トップページ 厳選されたお酒 こだわりの料理 店舗紹介 ご予約 たる松 お酒紀行

■バックナンバー(西の関/大分県)

山廃純米酒  萬歳楽 【石川県】




純米酒
萬歳楽
■蔵元データ
株式会社小堀酒造店
石川県白山市鶴来本町一丁目ワ47番地
http://manzairaku.co.jp/

鶴来には「加賀の菊酒」といわれ、秀吉の醍醐の花見に饗された酒があったという。白山信仰の門前町で300年の歴史を刻む「萬歳楽」は、伝統の中で磨きぬかれたその味を、鑑評会受賞常連の南部杜氏の技で極める 創業/江戸享保年間(1716〜1734)

山廃純米酒 萬歳楽
 白山市産の「五百万石」の晩植米だけから造った山廃純米酒。晩植米のコシのある味を活かし、うまみや酸を十分に持たせて、タフで芯の通った味わいの山廃純米酒。たる松上野店にてご用意してございます。

その他の製品
◆萬歳楽 白山 純米大吟醸
◆萬歳楽 白山 特別純米
◆萬歳楽 花伝 本醸造
◆萬歳楽 大吟醸 生原酒

日本酒もの知りコラム
 麹蓋…蒸米に種麹を散布してから約一昼夜が経過し、麹の温度が高くなると、麹米を木製(杉)の小箱に入れてさらに麹を完成へ導く。その箱を「麹蓋」といい、「麹蓋」を使用してつくる伝統的な製麹法を「蓋麹法」という。「蓋麹」のサイズは一般的に、30cm×45cm、深さ5cm程度。小さな単位で麹を造ることで、温度や湿度のバラツキや誤差を最小限にできるが、経験と細かい作業が必要な製麹法のため、大吟醸などにしか使用されないことが多い。この麹蓋を拡大したものが「麹箱」である。

Copyright(c) 2004-2018 TAIMEI CORPORATION. All rights reserved